団体概要

 

 

団体名:格闘技同好会 神奈川クラブ

 

趣旨:格闘技/武道サークル

 

練習拠点:横浜市 旭スポーツセンター 第3体育室 または 研修室

※相模原市→横浜市に移転しました。(2017年2月)

 

最寄駅:二俣川駅 / 鶴ヶ峰駅(相鉄線)

※練習拠点移転に伴い、最寄り駅が相模大野駅→二俣川駅/鶴ヶ峰駅に変わりました。(2017年2月)

 

練習日時:不定期

※練習拠点移転に伴い、練習日時が変更になりました。(2017年2月)

 

団体構成:社会人中心

 

モットー:安全・健全

 

会費:無料

※有料施設で練習を行う場合は、施設利用料がかかります。

※有料駐車場をご利用の場合は、駐車料金がかかります。

※練習に必要な道具等は、必ず各自でご用意ください。

 

 

 

お問い合わせ
kakutotaro.blog@gmail.com

 

 

 



古傷

昨年の今頃は古傷が悪化(重傷)して大変だった。

今年は悪化しないように気をつけよう。

正月太り

正月太りで脂肪がついた。

でもたぶんまたすぐに落ちると思う。

格闘技と不安

昨年はお世話になりました。本年もよろしくお願いします。

さて、格闘技をやっている人は不安が異常に強い傾向があるという研究結果がある。

「不安が異常に強い」などというと心の病気を連想する人もいるかもしれないが、それは論理的に正しくない。たとえ不安が異常に強かろうと病的な所見がなければ病気とは言わない。

たしかに不安は問題行動(病的行動)の誘発因子になることもある。しかしそれは精神的な脆弱性あるいは未熟性あるいは障がい特性ゆえの行動であり、「不安が強い人は必ず問題行動を起こす」というわけではない。ずいぶん前に総合格闘技の人間を一緒くたにして「総合の人は問題を起こす」と痴れ言をぬかした人(このような偏見は許されない立場にある公人)がいたが、もちろんそんなわけはない。

何はともあれ格闘技をやっている人は不安が異常に強い傾向があるということ、不安が誘因となり問題行動が生じるケースもあるということは覚えておいて損はないと思う。

弊Webサイトでは、ウィキペディアから入手したパブリックドメインの画像を二次利用しています。