詳しくはブログをお読みください。
(カテゴリ一覧はページ下部にあります)


その上で、ご不明な点がありましたら
下記Eメールアドレスまでお問い合わせください。

kakutotaro.blog@gmail.com




格闘技とトレーニング

格闘技とウエイトトレーニングを並行して行う場合、スケジュール等で苦労する人は少なくないと思う。

私も若い頃は運動量が多かった(所属ジムの練習、出稽古、地元の格闘技仲間との練習など、毎日のようにハードな運動を行っていた)ので、うまくやらないと筋肉が発達しないどころかオーバーワークでトラブル(体調を崩す、怪我をする等)が起こることもあった。

私が若い頃はウエイトを終えてから格闘技の練習を行うパターンが多かった。ウエイトの効果を最大限に求めるならこのようなやり方はしなかったが、当時の私にとってはこれが最善の方法だった。練習後にウエイトを行ったこともあったが、少なくとも力をつける目的であれば「練習後」はあまり良いタイミングではないような気がする。

ウエイトをやらない日は陸トレや自重トレなどを行ってからジム等へ向かった。練習前にトレーニングを行うとその後に行うスパーリングで思うように動けず、フラストレーションを感じることもあった。このことについてトレーニングに詳しい某有名格闘家に相談したところ、彼は「テクニックで闘わざるを得ないので技術が向上する」と言って練習前のトレーニングを推奨した。自分も練習前にトレーニングをすると言っていた。

このようなやり方は当時の私にとっては最善の方法だったが、今は絶対やりたくないしやらない方が良いと思う。「最善」とはそういうものだ。

弊Webサイトでは、ウィキペディアから入手したパブリックドメインの画像を二次利用しています。